箕面市の不動産のことならセンチュリー21みのパラ>不動産売却について

不動産売却について

センチュリー21みのパラの不動産売却

このようなお悩みありませんか?
  • 子供も大きくなってきて手狭になってきたから住み替えたい
  • 相続した家がいくらで売れるのか知りたい
  • 坂を上がるのがきつくなってきた、駅に近いマンションに住み替えたい
  • 子供が独立して、こんな大きな家は掃除も大変だから住み替えたい
  • 正直住宅ローンの負担がきつい
  • 離婚を考えているけど売ったらいくらになるのかな

あなたのお悩みをセンチュリー21みのパラにお任せください!

まずは無料査定から!お気軽にご相談ください!

  • 売却査定をご希望の方無料売却査定はこちら
  • 売却相談窓口072-734-6407
  • センチュリー21のより高く、より早く、より確実に。成約に導くためのポイント

不動産売却には種類の方法があります!

仲介方式 買取方式
方法
一般的な売却方法
媒介契約が必要です。仲介業者が売主様から依頼を受けて購入者を探して販売していきます。
物件調査・販売活動~物件引渡し・残金決済まですべてお手伝い致します。
不動産業者が、売主様から直接物件を買い取る方法です。
メリット
一般的で高く売却できる方法
絶対に〇〇月までに売らないといけないという期間が、特に決まっていない方向きです。
即現金化できます。
売却時のわずらわしさがありません。
デメリット いつまでに、いくらで売却できるか?の保証はありません。 一般的に、仲介方式に比べ、安い売却金額になります。
相場の60~70%の価格です。
費用 売買が成立した際、仲介手数料がかかります。
※仲介手数料=売買価格×3%+6万円+消費税
仲介手数料がかかる場合、かからない場合があります。
売買契約書印紙代、抵当権抹消費用、登記関連費用など約2~10万円
※別途、諸経費がかかる場合があるためご確認ください。

媒介契約の種類

媒介契約時は「一般媒介」「専任媒介」「専属専任媒介」の3種類がございます。
※媒介契約は売買契約とは違います

一般媒介 専任媒介 専属専任媒介
業者 複数の業者に依頼可能 依頼は1業者のみ 依頼は1業者のみ
買主との
直接契約
可能 可能 不可能
活動報告 義務なし 2週間に1回 1週間に1回
レインズ
登録義務
なし 7営業日以内 5営業日以内
メリット
・売れ筋物件であれば
売れやすい
・売却に対する責任感大
・広告量が多い
・売却に対する責任感大
・広告量が多い
・報告頻度が高いので
状況把握しやすい
デメリット
・広告量が少ない
・交通整理の煩雑さ
・トラブル時の責任不明確
・不誠実な会社による物件
情報を囲い込まれる危険性
・買主を自分で探せない

ご売却までの流れ

  1. STEP1

    媒介契約

    5~7日

    • ・販売図面作成
    • ・販売準備
    • ・レインズ登録
    • ・物件調査
  2. STEP2

    販売活動

    1~3ヵ月

    • ・店頭掲載
    • ・ポスティング
    • ・各種媒体掲載
    • ・現地看板等設置
    • ・買主様ご案内
  3. STEP3

    申込み

    ~7日

    • ・契約書作成
    • ・重説作成
    • ・価格、条件等
      の交渉・承諾
  4. STEP4

    ご契約

    10~45日

    • ・抹消手続きの
      確認
  5. STEP5

    お引越し

    • ・現地立ち会い
  6. STEP6

    残金決済
    所有権移転
    抵当権抹消登記

売却時にかかる諸費用手取り金額

  • 仲介手数料

    仲介手数料

    不動産会社に支払う仲介手数料が発
    生します。
    通常、売却代金の3%+6万円(+消
    費税)
    がかかります。

  • 印紙代

    印紙代

    売買契約書に貼る収入印紙費用です
    。成約金額1,000万円を超え5,000万
    円以下の場合、10,000円です。

  • 登記費用

    登記費用

    ローンが残っている時などの抵当権
    抹消登記費用、住所変更費用、司法
    書士への報酬等
    です。
    約20,000~約100,000円かかります。

具体例登記費用を80,000万円と仮定

  • 2,000万円で成約の場合

    諸費用合計
    816,000
    手取り金額
    1,918万円
  • 3,000万円で成約の場合

    諸費用合計
    1,146,000
    手取り金額
    2,885万円
  • 4,000万円で成約の場合

    諸費用合計
    1,476,000
    手取り金額
    3,852万円
  • 5,000万円で成約の場合

    諸費用合計
    1,806,000
    手取り金額
    4,819万円

不動産の売却には諸費用などがかかり、手取りの金額はその分を差し引いた金額になります。上記のほか、引越し費用、不用品処分費用、証明書等発行費用、土地の場合は境界標設置費用など、発生することがあります。
また、譲渡益が出た場合、譲渡益に対して課税されます。詳しくはお問い合わせください。

まずは無料査定から!お気軽にご相談ください!

  • 売却査定をご希望の方無料売却査定はこちら
  • 売却相談窓口072-734-6407
  • センチュリー21のより高く、より早く、より確実に。成約に導くためのポイント

買い替え3パターン

  1. 1売り先行

    メリット
    資金面で安全
    デメリット
    決済までにほしい家が見つからない場合、仮住まい(※契約から、引渡しまで期間を長くとることは可能)
    コメント
    購入物件の資金繰りがご自宅の売却代金を流用しないと買い替えできない方にはおススメ。
    自宅の売却は契約から決済まで3~4か月期間を開けられるとよい。その間に買い替え先を購入する。
  2. 2買い先行( 現在のお住まいを仲介で売却 )

    メリット
    必ずほしい物件が手に入る
    デメリット
    決済までに現家売却がまだの場合、つなぎ融資が必要。売れない場合、叩き売りになる可能性あり。
    コメント
    購入物件の価格及び諸費用の合計が手持ち資金で足りる方にオススメ。
    このパターンであれば、自宅の売却は、購入前でも後でも可。
  3. 3買い先行( 現在のお住まいは不動産業者買取を利用 )

    メリット
    必ずほしい物件が手に入る。資金面の流れも安全。
    デメリット
    買取価格が仲介価格よりもかなり低い(市場相場の60~70%)。
    コメント
    確実性(安全性)はあるが、買取金額が低いことに納得が必要。

物件購入希望者様へのご対応について

  • 土日祝日のご案内希望者が多くございます
  • カーテンを開け、部屋の電気を点けて下さい
  • 他社の営業担当者もいらっしゃいます
  • 買主様からのご質問にお答え頂くことがございます
  • 過度なアピールは逆効果です
  • 案内時間は前後する可能性がございます

購入の申し込みが入った際のポイント

  1. 1
    早めのご判断を!
    買主様は、買付後から期間が空いてしまうと気持ちが不安に変わっていき、他の物件を探そうという気持ちになってしまいます。できるだけ早いタイミングでのご判断をオススメします。
  2. 2
    スタート時期が最も売れるタイミングです!
    「売却スタート=新規物件」ということもあり、このタイミングが最も注目を浴びるタイミングです。
    そのため購入希望者が一番集まりやすいタイミングになります。交渉条件が入ってきたとしてもご検討頂くことをオススメします。その際は担当者も売主様の立場に立ってご相談に乗らせて頂きます。
  3. 3
    交渉は我々にお任せください!
    非常に購入意欲の高いお客様でも、交渉(価格面、引渡し時期)が入ってくることが普通だと思ってください。
    またその際は、我々が売主様と買主様の間に立ち、入ってきた交渉内容についてまとめさせて頂きます。

まずは無料査定から!お気軽にご相談ください!

  • 売却査定をご希望の方無料売却査定はこちら
  • 売却相談窓口072-734-6407
  • センチュリー21のより高く、より早く、より確実に。成約に導くためのポイント

トップへ戻る